第6回「24、7、30フォローアップシステムとは?」

安:今回の第6回目は、英語版のポッドキャストエピソード448。「24、7、30フォローアップシステム」のトピックを基にお送りしていきます。それでは早速このエピソードについてお話をしていただきたいのですが、いかがでしょうか。

大野:はい。これは非常に大切なトピックですね。フォローアップについてです。
ビジネスネットワーキングにおいてフォローアップというのは、大変大切なものになってくると思うんですけれども、マイズナー博士が推奨しているのは、人と会った後、まず24時間以内、これは最初の24の数字の意味ですね。24時間以内に交流会などであった人にカードを送るとか、あるいは手書きのメッセージを送りましょうというようなことをおっしゃっています。もちろん最近だとEメールなどもよく使われていると思いますけれども。手書きのメッセージなんかはすごく印象に残るので推奨していましたね。
 それから次の7ですけれども、この7は、7日以内、1週間以内ということです。7日以内に、例えばFacebookなどのソーシャルメディアでつながりましょうということを言っています。ここでマイズナー博士がポイントとして伝えているのは、相手の人が最も使っているソーシャルメディアを選びましょうということです。その際にその人の投稿内容について、「私もまったく同感です」とか、「素晴らしい投稿でしたね」というような感じで、ソーシャルメディアでつながりましょうというふうなアドバイスをしています。
もう1つ大切なアドバイスとして彼が伝えているのは、決して売るようなことはしてはいけないと。つながってすぐに自分の商材ですとか、商売の話をするのもNGですというふうに言っています。
では次の30の数字の意味ですけれども、これはもうご想像のとおり30日、1カ月の意味です。30日以内に対面でのミーティングをやりましょうという意味です。対面でのミーティングというと、会う人会う人、次から次へと会っていたらかなり時間がかかりそうですよね。

安:はい。

大野:ここでは、できる限り対面のミーティングをマイズナー博士も進めていますけれども、遠方の場合にはスカイプなどのビデオ通話を活用してもいいでしょうというふうにも言っています。
相手の人がどんなことをやっているのか。自分に興味を持ってもらうよりも、相手の人に興味を示す、興味を持つということがここでも大切になってきます。可能であれば、相手の人を助けてあげる機会がないかどうかを考えるという習慣をつけるといいと思います。
こうしたフォローアップのルーティンの構築によってネットワーキングに対する投資、時間の投資ですね。それをより意義深く、そして成功へと導くことが可能になるというふうに言っています。適切な間隔でフォローアップができるように、いろいろなテクノロジーを活用しましょうというふうに言っています。
マイズナー博士は、Outlookのカレンダーを使って、次のフォローアップのスケジューリングをしているようですけれども。例えば最初に手書きのカードなどを送るときに、7日後、30日後、というところを目処に、カレンダーにフォローアップのためのリマインダーをセットするというふうにおっしゃっています。
まとめるとですね、フォローアップというのが大切だということですけれども、こんな言葉を言っています。「富はフォローアップにあり。fortuneはフォローアップにあり」というような表現ですね。非常に印象的な言葉だと思います。

安:なるほど、ありがとうございます。ちょっとここで私が気になるのが、24時間以内にカードを送るとかEメールを送るですとか、7日以内に相手の方が最もよく使っているソーシャルメディアを使う、この辺りはすごく入りやすいんですけれども、30日以内に対面でのミーティングをするというのが、どうしても私にはハードルが高いように思えてしまうのです。この辺りについてはいかがでしょうか。

大野:はい、その点についてはエピソードの中でもマイズナー博士が答えてくれていますね。まず、ネットワーキングというのは狩猟ではなくて農耕のプロセスであるということ。要は信頼関係が大切だということで、フォローアップの重要性を説いています。
フォローアップをする相手というのはBNIのメンバーだけではないので、例えば商工会議所とか、他の異業種交流会、ロータリークラブ、ライオンズクラブなどのミーティングなどでも出会った人たちにフォローアップする機会がたくさんあると思います。
あとは、所属するBNIのチャプターに参加したビジターの人たちに対しても、フォローアップは大切になってきますね。以前の、英語のポッドキャストのトピックでも取り上げられていたんですけれども、王子様や王女様を見つけるまでにたくさんのカエルにキスをしなくてはならないというような話があったかと思います。
つまり、どういうことかというと、自分が力になってあげられる人を見つけるまでに、多くの人との接触が必要だという意味になっています。つまり「フォローアップなくして、信頼関係をつくるべき人と関係をつくることはできない」ということもおっしゃっていますね。つまり、フォローアップが全てのスタートであるという意味なのだと思います。安さん。

安:はい。

大野:これまでに連絡が途絶えてしまっているご友人という方はいらっしゃいますか。

安:はい。います。

大野:やはりそうですか。

安:はい。

大野:私も結構いるような気がします。

安:ああ、そうなんですね。

大野:これはどういうことですかね。放っておこうと、連絡をするのはやめようと思って連絡をされなかったのですか。

安:いいえ、そんなことはないです。

大野:違いますよね。

安:はい。

大野:これをマイズナー博士は「善意の放置」というような表現を使っています。「善意」というのは、わざと放置をしようと思ったわけではないのだけれども、結果としてそうなってしまっているということで、「善意の放置」、善意の放置プレイですかね。まぁ、面白い表現ですよね。いずれにしても、関係の構築ということをスタートしなければ、その関係は決して作れないというようなこともおっしゃっています。

安:なるほど、そうなんですね。では、例えば対面の面談をお願いするときに、具体的にどのように相手の方にお伝えすればいいでしょうか。

大野:はい、これは状況によっていろいろあるとは思うのですけれども、マイズナー博士が挙げている例を日本語で表現してみると、例えば、「先日のイベントでお会いしました。Facebookを拝見しましたけれども、もう少し詳しくあなたが何をされているのか知りたいです。お互いのビジネスにとって、何らかの気づきがあればと思います」というようなメッセージを送ってみるのはどうでしょうか。

安:なるほど。ありがとうございます。それでは、今回もいよいよ終わりの時間が近づいてまいりましたが、最後にメンバーの皆さんへ大野さんから何かメッセージはありますか。

大野:はい。ネットワーキングという言葉は、言い換えると関係づくりというふうに言えると思うんですね。ですので、このフォローアップのプロセスというのは、その関係づくりに向けての大事なステップということがいえると思うんですね。このポッドキャストをお聞きのメンバーの皆さまも、今回の「24、7、30フォローアップシステム」をぜひ実践してみていただきたいと思います。

安:ありがとうございました。

大野:ありがとうございました。

第6回「24、7、30フォローアップシステムとは?」” への1件のフィードバック

  1. フォローアップの大切さが良く理解できました。
    富はフォローアップに有り という言葉が印象です。
    24、7、30を実践します。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です