第153回 2か国中継チャプターミーティング

チャプターミーティングを日本と海外、東京と国内の他の都市の2つの拠点をインターネットで繋いで、チャプターミーティングを開催するチャプターの事例が増えている。今回は東京とワルシャワの2拠点を結んで定例会を開催したチャプターの事例を紹介。

このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

安:さて、大野さん。

大野:はい。

安:2カ国中継チャプターミーティングというタイトルなんですが、これは…もしかして…。

大野:もしかして。

安:もしかすると。

大野:ワルシャワと。

安:東京の。

大野:そうですね。

安:中継ということで。

大野:はい、聞かせてください。

安:はい。私が所属しているチャプターで今回グローバルコンベンションに行ったメンバーと、東京に残ったメンバーとで、中継の実はチャプターミーティングをやったんですよ。

大野:はい。

安:グローバルコンベンション、今年はポーランドのワルシャワで行われたんですが、11月6日と7日がちょうどメンバーズデーだったということもあって、私たちのチャプターが水曜日のチャプターだったんですね。
ちょうど11月6日に当たる日だったので、これはいい機会だぞということで。

大野:はい。

安:私は今回、ワルシャワのグローバルコンベンションに参加をした側なんですけれども。ワルシャワに行ったメンバーと東京に残ったメンバーで、それぞれZoomという手段を使って、中継をやろうということで、実際に行ったんですよ。

大野:おー。ということは1つのチャプターミーティングに東京から参加する人と、ワルシャワから参加する人たちがいらっしゃったということですね。

安:そうなんです。

大野:確か私の記憶では、安さんがグローバルコンベンションに行かれるので、定例会を、代理を立てないと行けないみたいな話を、おっしゃっていましたよね。

安:はい。そうなんです。

大野:ずっと無遅刻無欠席で続けてらっしゃったのに、ついにそれが破れてしまう日が来てしまいましたみたいな話を伺ったのを覚えていますけど。

安:そうなんです、まさに。昨年のバンコクのグローバルコンベンションのときも、水曜日が実はメンバーズデーとかぶっていまして。

大野:はい。

安:これはちょっと行けないなということで、そのとき参加を見送ったんですけど、なんかやはりモヤモヤしていたんですよね。

大野:はい。

安:せっかくBNIのメンバーでそういう機会があるのであれば、その次の年こそは行ってみたいということで、今回は思い切って参加をしようと決めたんですけど。
その参加をするということは、まさに代理を立てなければならないと。

大野:そうですよね。

安:はい。普通に行くということであれば、そういうことになってしまうので、これは実は大野さんにご相談をしたんですよね。

大野:はい。

安:そして私が所属しているチャプターのメンバーにも、実は相談をしたんですよ。

大野:うん。

安:そうしたら、中継でミーティングをやればいいじゃないかという話になって。
「え! そんなことってできるの?」と最初は思ったんですけれども。

大野:はい。

安:これはいい機会なので、例えばその当日、私たちは現地にいる人間ですけれども、東京に残ったメンバーもそうですし、その日に来られるビジターの方々にも、ワルシャワと中継でやっているというふうに思ってもらえるだけでもいい体験ができるじゃないかということで、実践に踏み切ったんですね。

大野:ああ、素晴らしいですね。実際にワルシャワで参加されたチャプターのメンバーの皆さんは何人ぐらいいらっしゃったんですか。

安:はい、今回は4人。もう少し増える予定だったんですけど。

大野:うん。

安:4名で実は参加をしました。

大野:時差の問題もありましたよね。

安:ありました。ポーランドは実は日本のマイナス8時間で。ちょうど私たちのミーティングが行われるときに真夜中だったんですよ。ポーランドのワルシャワが。
なので、その日の前に、日本をたって、ワルシャワに着いて、そのままほぼ寝ずに。もう夜中というか明け方に近い時間帯に参加したんです。

大野:それは大変でしたね。

安:はい。

大野:でも長年続けてきた無遅刻無欠席無代理が維持できたということで。

安:そうなんです。本当にメンバーの皆さんのおかげで、それがまさに実現して。実は日本の残ったメンバーも、ギリギリまで準備をしてくれたんですよ。その中継の確認だったりとか、進め方の確認だったりとか。
当然、私たちワルシャワに行ったメンバーも、通常どおりのミーティングに参加をするという姿勢で臨むということが前提条件だったので。

大野:そうですね。

安:はい。例えばプレゼンテーションも、貢献の発表も、全員が話をする時間はちゃんとそのときに話ができるようにしておかなければならないということで、何回も何回も実はシミュレーションをやったんですよ。

大野:そうですよね。特に音響のテストはね、念を入れてテストしておかなければいけないですよね。

安:そうなんです。あとタイムラグといいますか、私たちがしゃべって、東京に伝わる音声がどれぐらい差があるのかというのも実証したら、大体1秒ちょっとで伝わったということが分かったので、これだったらいけるねということで。
その感覚がお互いにあるということが分かっているので、進行もそれに合わせて進めることができたというのは、本当に大きかったと思います。

大野:そうですね。

安:はい。何より、本当にやって良かったなと思ったのが、東京に残ったメンバーとビジターの方々が、ワルシャワにいる私たちと直で話ができたということが本当にいい刺激になったということを帰国後にお話してくれたんですよ。

大野:はい。

安:日本の東京の会場でも盛り上がったということで、私たちもある程度音声は聞いてはいたんですけど、その場の空気ってやっぱり分からないので。

大野:そうですね。

安:はい。帰国後の翌週のミーティングのときに聞いたら、「いやあれ、本当にやって良かったよね」と東京に残ったメンバーが言ってくれたんですよね。
それを聞いて、「いや、本当に思い切ってやって良かったな」と思いました。

大野:素晴らしいですね。

安:はい。それがきっかけで、ちょうどその翌週のグローバルコンベンションの報告をエデュケーションのコーナーでやったんですけれども。エデュケーションコーディネーターの方も一緒にワルシャワに行かれていたので。
それもきっかけで、グローバルコンベンションもそうだし、世界にもやはりBNIのメンバーがいて、同じように活動しているんだということ。
あとは、ビジネスチャンスを日本に探しているという海外のメンバーもいるんだということが、メンバー全員に伝わって、来年のマイアミのグローバルコンベンションには行きたいというメンバーが増えたというのが、これもまた大きい役割といいますか、成果だったなと思います。

大野:はい。今回は海外とでしたけど、当然国内で2拠点というのも応用できますよね。

安:そうですね。

大野:確か、春先のナショナルカンファレンスで、都内のチャプターでね。京都にほぼほぼ皆さん行かれて、30人近く。東京に残られた方が確か10人近くいらっしゃったと思いますけれども、2拠点、東京と京都の2拠点で、チャプターミーティングを開催されて、代理出席をつけずに済んだと。

安:はい。

大野:ということもありましたね。実際京都のほうに大阪の方がビジターで来られて、東京のチャプターのメンバーのお知り合いというか取引先の方だったんですけど。

安:へー、すごい!

大野:すごくBNIいいねということで、その後大阪のチャプターにメンバーとして加入されていましたね。

安:それすごいですね!

大野:ええ。

安:へー! やっぱりなかなか実際その取引先の方が、自分のビジターの方の近くにいるならばまだいいんでしょうけど、いない場合でもそうやって中継することによって、BNIの良さを感じていただけるきっかけになったというのは、素晴らしいことですね。

大野:そうですね。早速これ来年、例えば2020年のナショナルカンファレンスが今度熊本で開催されますので、そこでも当然東京からでも、あるいは名古屋からでも、チャプターがみんなで熊本のカンファレンスに参加をして。残念ながら行けない人も出てくるかもしれませんけども、2拠点でチャプターミーティングを開催することで、カンファレンスもチャプターミーティングも両方出席できるということが可能ということですよね。

安:そうですね。それだけまた現地に行ったときに持ち帰られるものがたくさんあると思うので。私はこれ本当にやりたいですし、やってみてもらいたいなと思いますね。

大野:そうですね。さらには来年の11月、2020年のグローバルコンベンションを、先ほど安さんがおっしゃってくださったとおり、アメリカのマイアミと開催地が発表されましたから、そこにもぜひたくさんで行きたいですね。

安:そうですね。本当に楽しみにしているメンバーが周りにもいっぱいいるということが、私も行ったことによって神経が研ぎ澄まされたのか、たくさん聞けるようになったので、皆さんで行きたいですよね。

大野:そうですね。

安:はい。それではそろそろ、終わりに近づいてまいりましたが、大野さんからメンバーの皆さんへメッセージはありますか。

大野:はい、こうした拠点を複数構えてのチャプターミーティングというのは可能なんですけれども、気を付けていただきたいのは、接続状況ですね。事前にテストを入念に行っていただいて、担当のディレクターコンサルタントとも事前に十分な打ち合わせをした上で、ぜひやってみてください。

安:はい。ありがとうございました。

大野:ありがとうございました。

安:今回もBNIジャパンナショナルディレクターの大野代表と、私BNIメンバーの安紗弥香でお送りいたしました。このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたしました。それでは次回もオフィシャルBNIポッドキャストでお会いしましょう。See you next week.

第147回 もしトランプさんがプレジデントだったら

10月から新しいリーダーシップチームがスタートするタイミングだが、プレジデントがどのようにチャプターミーティングを進行すれば、よりチャプターにとってより良い成果につながるだろうか?
大野代表がこれまでに見てきたプレジデントで印象に残っているのは?一方で残念な進行は?

このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

安:さて、大野さん。

大野:はい。

安:今回のタイトル、ちょっと私は気になったんですけれども、トランプさんって、既にプレジデントですよね。

大野:そうですね。アメリカの大統領ですよね。

安:はい。

大野:今回のタイトルは、BNIのチャプタープレジデントだったらという意味ですね。

安:そういう意味だったんですね。はい。なるほど。

大野:今ちょうど、新しい期が始まって、チャプターのプレジデントが、新しい人がスタートするわけですけども。

安:はい。

大野:そのタイミングでこのポッドキャストをぜひ、皆さんに聞いていただきたいなと思っています。

安:はい。どんなお話なんでしょうね。気になりますね。

大野:安さんだったらどうですか。トランプさんがチャプターに入会してきて、数カ月しかたっていないのに、「私がプレジデントをやります」という感じで。いろいろ、力ずくでプレジデントになってですね。どういう心理状態というか、チャプターはどうなってしまうと思いますか。

安:そうですね。あれだけインパクトのある方がプレジデントになると、1つはすごく引っ張っていってくれそうだなという期待があるのと同時に、例えば、バイスプレジデントが解任されるとか。

大野:うーん。

安:なんかそういう騒然となるようなことが起こりそうで怖いです。

大野:そうですね。いろんなタイプのプレジデントがいるとは思うんですけども、今日はトランプさんをプレジデントにしようということでなくて、チャプタープレジデントにしようということではなくて、皆さんのチャプターで、どんなふうにプレジデントを中心にチャプターミーティングを作っていったらいいかというようなことで、お話ししていきたいと思います。

安:はい。

大野:いろいろ、当然チャプターによってプレジデントのタイプっていうんですかね、やり方ってあると思うんですけども。
 先日あるメンバーさんから、こんな質問をいただいたんです。大野さんの最も印象に残っているプレジデントってどんな方ですか。誰ですか、みたいな話だったんですね。

安:はい。それはどんな方だったんですか。

大野:私がイギリスでBNIチャプターのメンバーに会ったときに、最後、日本に帰ってくる前がリーダーシップチームのバイスプレジデントだったんですね。

安:あー。はい。

大野:そのときの一緒にやっていたチャプタープレジデントが印象に残っていまして。

安:へー。すごいですね。どんな印象に残るようなことをされたのか気になりますね。

大野:ええ。ある日、チャプターミーティング中に彼らプレジデントが、すくっと席から立ち上がって、すたすたすたっと歩き出したんですよ。

安:会場内をですか。

大野:ええ。部屋の中を。

安:はい。

大野:遠くに行ってしまうような雰囲気で「あれ? トイレかな?」と思って。「何も言わずにミーティング中に席を立つか」みたいな。

安:ははは。

大野:どうしたもんかと。「進行をやっておいてね」という依頼もなかったしね。

安:あー。

大野:打ち合わせでなかったので。

安:はい。

大野:ちょっと慌てたんですけど。

安:はい。

大野:そうしたらそのプレジデントが一人の男性メンバーの後ろに立ってですね、両肩に手を添えて、「皆さん、ここにいる彼が先月何をしでかしてくれたかご存じですか」と言い出したんですよ。

安:はい。

大野:「彼はなんと先月、8人ものビジターをこのチャプターに招待してくれたんです」と言ったんですよね。

安:はい。

大野:それが「ああ、そういうことだったんだ」と。それならそれで、やるって言っておいてよって感じだったんですけども、それがすごい格好良かったんですよね。

安:うーん。

大野:打ち合わせも何もなかったんでちょっと慌てましたけれども、承認の仕方でやっぱりアジェンダのとおりにやっているわけですよね。

安:はい。

大野:ただ、単純に機械的に、「先月のビジター招待第1位は」とかね、そういうお決まりの文句ではなくて、本当にビジター招待で貢献してくれたメンバーに対して、どういうふうに承認したら喜んでもらえるのかとか。

安:おー。

大野:あるいはミーティングそのものが盛り上がるのかっていうのを考えての上で、やったんだと思うんですよね。

安:なるほど。

大野:そこがすごいなと思って。

安:確かに。

大野:はい。15年くらいたっていると思うんですけど、その場面は結構印象に残っていますよね。

安:うーん。それはすごいうれしいでしょうね。

大野:そうですね。

安:表彰される側、要はネットワーキングリーダーの発表のところってことですよね。

大野:そうです。だから、気を付けなくてはいけないのは、プレジデントの場合、アジェンダどおりに進行しないといけないというのはありますよね。

安:はい。

大野:それは間違いないし、そうしないといけないんですけども。

安:はい。

大野:ただどうデリバリーするか、どう実践するかというのは、プレジデントに委ねられている部分が実はあって。むしろ、プレジデントごとにそういった味というか特徴を出す、個性を出すということは、もちろんいいんですよね。

安:はい。

大野:なので、機械的にアジェンダを一つひとつ進行していくとか、時間内にミーティングを終わらせることだけに頭がいってしまったりすると、なかなか個性的な承認の仕方とか、やっぱり本質的な部分をちゃんと捉えて、実践する、デリバリーするということはなかなか難しくなってしまうと思うんですよね。

安:そうですね。

大野:はい。なので、この10月にスタートして、最初は慣れるまで少し、時間がかかるかもしれないですけども。

安:はい。

大野:いろんな要素をやっぱりミーティングを進行する上で忘れてはいけないと思うんですね。

安:はい。

大野:どんなところがあると思いますか。

安:盛り上げようという場所がミーティングの中でも何回か出てきますけれども、そういうところは、しっかり盛り上げる工夫。さっきのそのプレジデントの方のお話なんていうのも、まさに1つの例だと思うんですけど。

大野:そうですね。

安:それ以外のところももちろん進行はあるわけですけど、なんでしょうね。しっかりと伝えるところは伝える。盛り上げるところは盛り上げるというめりはりがあるといいのかなと思ったんですよ。

大野:そうですね。

安:はい。

大野:あとやっぱり楽しみの要素ですよね。盛り上げる。そして皆さん、参加しているメンバーもビジターも楽しみながら、時間を共有できるというところがすごく大切だと思うんですよね。

安:確かに。そうですよね。

大野:ええ。

安:ミーティングってやっぱりビジターの方に向けて、行うものでもあるわけなので。

大野:そうですね。

安:その方が、やっぱり来て良かったなとか、参加して良かったなすごい有意義だと思ってもらえる工夫ってすごく大事だなと思います。

大野:はい。結構ですね、特に真面目な方がプレジデントをやられるときに陥りやすいパターンなんですけども。やっぱりきっちりとアジェンダに沿ってやる、それはいいんですけども、どうしても機械的になってしまって、盛り上がりに欠けてしまうというか。

安:はい。

大野:何かフラットな感じになってしまいがちなので、そこをプレジデント自身も楽しみながら、参加している人たち全員も楽しめるような時間を作っていく。もちろんプレジデント一人ではそういったことは難しいかもしれないですけど、皆さんを巻き込んで1つのチャプターミーティングが壮大なエンターテインメントみたいな。

安:はい。

大野:そんなイメージも大切かと思うんですよね。

安:ああ、それは楽しそう。いいですね。

大野:おそらくリーダーシップチーム・トレーニングでもあったと思うんですけども、ミーティングは誰のために、何のためにということで3つ要素があると思うんですが。

安:はい。

大野:1つはビジターのためですね。フォー・ビジターズ。ビジターさんがそこに来てくださって、どんな体験をして帰ってくださるのかってところが大切ですよね。

安:はい。

大野:だから、プレジデントが中心になって、メンバー全員でそういった雰囲気を作る。ビジターさんのエクスペリエンスを作っていくっていうこと。

安:はい。

大野:2番目がフォー・チームビルディングなので。これはメンバーのチームビルディングになるような、要するにチームとしてミーティングを盛り上げる、楽しくするというところですね。

安:はい。

大野:はい。そこは忘れてはいけない。3つ目がフォー・ファンで、かぶっていますけども、常に楽しみの要素ってことを忘れないってことですね。

安:はい。

大野:ここをぜひ忘れないで、プレジデントはもちろん、メンバーの皆さんにもそれを繰り返しリマインドしていただいて、より楽しくて充実したチャプターミーティングをぜひ、作っていっていただければと思います。

安:はい。

大野:安さんのチャプターではどんなことをこれまで取り組んでこられましたか。

安:はい。そうですね。例えばネットワーキングリーダーの発表のときに、言葉だけで承認・称賛するのではなくて、うちだと感謝状というものを用意して、本当に貢献してくれてありがとうという気持ちを文章でも伝えるというのはやっていますね。

大野:うん、なるほどね。

安:それとプラスで、トロフィーを用意して、その方にお渡ししているというパフォーマンスもやっています。

大野:ああ、素晴らしいですね。結構トロフィーはいろんなチャプターで使われていますよね。

安:そうですね。

大野:トロフィーを使っていたチャプターで、ちょっと残念だった承認、いわゆるネットワーキングリーダーの発表を見たことがあったんですけど。

安:えっ! そうなんですね。

大野:ええ。実はそれはプレジデントがやっぱり時間の管理に頭を奪われてしまってですね。

安:はい。

大野:かなり機械的だったんですよ。

安:ああー。

大野:どんな感じかというと、「バイスプレジデントの誰々さん。今月は誰でしたっけ。先月一番誰ですか」と言って「誰々さんです」「はい、じゃあ鈴木さんですね。はい、じゃあこれ回しておいてください」みたいな。

安:えー。

大野:「じゃあ次行きまーす」みたいな。「トロフィーを回しておいてください」と言って。そうしたらその受け取る人も、「面倒くさいから、そこに置いておいてください」という話で。プレジデントもメンバーも受け取る人も、どうやって場を作るか、盛り上げるかっていうことが全然頭になかったんですよね。

安:うわー。それは…。

大野:だから、何を使うか、ツールだとかね。なんていうか承認の時間みたいなのは、分かっているとは思うんですけど、本質的なところが欠落してしまっていて、ちょっと残念な場面でしたね。

安:なるほど。

大野:そこは気を付けて欲しいなと思います。

安:それはかえって逆効果になってしまいますよね。

大野:そうなんですよ。

安:ツールが。

大野:はい。

安:なるほど。それは気を付けたいと思います。

大野:はい。

安:それでは、そろそろ終わりの時間が近づいてまいりましたが、大野さんからメンバーの皆さんへメッセージはありますか。

大野:はい。ちょうど新しいチームにチャプターのリーダーシップチームが変わって、心機一転というタイミングだと思うんですけども、改めてこのポッドキャストのエピソードを、チャプターの中でシェアしていただいて、プレジデントだけでなくて、チャプターメンバー一人ひとりが、毎週のミーティングを作っていくんだということを意識して、ミーティングを楽しんでいただければなというように思います。

安:はい。ありがとうございました。

大野:ありがとうございました。

安:今回もBNIジャパンナショナルディレクターの大野代表と、私BNIメンバーの安紗弥香でお送りいたしました。このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたしました。それでは次回もオフィシャルBNIポッドキャストでお会いしましょう。See you next week .

第139回 与えるものは与えられない?!

第139回は「与えるものは与えられない?!」と題して、『Givers DON’T Gain(ギバーズ・ドント・ゲイン)』にならないために、チャプターぐるみで是非行って欲しいことを2つお届けします。

このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

続きを読む “第139回 与えるものは与えられない?!”

第138回 行ってきました!

第138回は「行ってきました!」と題して、先日開催されました「ナショナルカンファレンス2019 in 京都」を振り返り、その魅力についてお伝えします。

次は・・・

ポーランド・ワルシャワ開催の「グロバールコンベンション2019」ですね。
皆さん、ぜひ一緒に行きましょう!!

このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

 

続きを読む “第138回 行ってきました!”

第137回 私の大切なあなたへ

安:第137回は、「私の大切なあなたへ」と題してお送りいたします。このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。

安:さて大野さん。

大野:はい。

安:今回は何やら大切なメッセージが聞けそうな、そんな会に私も思えるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む “第137回 私の大切なあなたへ”