第67回 他チャプターメンバーとの交流??

参照:第53回

ふだん、それぞれのチャプターでコミットメントを持ってギバーズゲインの理念の実践を通じてお互いのビジネスの発展を目指している。

他チャプターのメンバーとの交流というものに対して、2つの捉え方かある。

Image of eyeglasses, pen, two touchpads and financial documents at workplace with businessmen handshaking on background

1つは、色々なチャプターのメンバーと繋がりたいというタイプ。
もう1つは、時間のムダという人。

安さんは?

私は前者ですね。

色々なチャプターの人と?

はい、そうです。

私は後者でした。

ウェブ
生保
税理士

人気の高い専門分野、つまりどのチャプターにも存在するカテゴリーの場合、競合が、他チャプターにはいるわけで、他チャプターのメンバーからリファーラルをもらえるわけがないと考えるのは自然。

実際にはどうか?

ロンドンでの体験

名刺ファイルの見せ合い
外部リファーラル
ビジター招待の機会が格段に増える

アンバサダーや現役メンバーでもあるディレクターコンサルタントの場合

クロスチャプターリファーラルについて

同じリージョン内の他チャプターのメンバーにもリファーラルを出したりサンキュースリップを入力することができるように。

発表はしない

クロスチャプターリファーラルのような、実務的なメリットだけではなく、リージョンレベルでのメリットを覚えておいて頂きたいです。
リージョン内外のチャプターがお互いに助け合うことで、自分たちのチャプターだけでは達成できないようなことが達成できたり、より早く目標を達成できたりします。

もう一つは、地域への貢献、そしてインパクトをより大きくすることができます。地域の活性化に私たちBNIのメンバーがひと役買うことができるわけですが、一人でそれを達成できる訳ではなく、チャプターとして、そしてリージョンというチームBNIで動くことでそれが可能になります。

メッセージ:
トレーニング、フォーラム、カンファレンス
ナショナルカンファレンスのメンバーズデーが10月に4都市で開催されます。
早割の期限もあるので、このポッドキャストが終わったらすぐにお申し込みされることをお勧めします。
詳細はこちら:http://bni.jp/ja/md2017

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です