第118回 ゴールドクラブメンバーになろう!

【ゲストのご紹介】
東京港中央リージョン(ジャンヌチャプター)柚木望 様
東京港中央リージョン(SRチャプター)田上顕子 様

安:第118回は、「ゴールドクラブメンバーになろう!」と題してお送りいたします。今回はナショナルディレクターの大野さんと、メンバーお二方のインタビュー形式でお送りいたします。どのようなお話が聞けるのでしょうか。
このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。
それでは大野さん、よろしくお願いします。

118

大野:はい、今日は東京港中央リージョンのBNIジャンヌチャプターと、同じくSRチャプターからゴールドクラブメンバーのお二人にお越しいただきました。柚木望さんと田上顕子さんです。イェーイ。(拍手)

柚木・田上:イェーイ。

大野:今日はお二人のお姿を皆さんにご覧いただけないのが非常に残念ですけれども、はい。今日は声だけでお送りしたいと思います。最初にゴールドクラブメンバーって何だろうという方のために、簡単にご説明しておきますと、所属しているチャプターに6人以上のメンバーを紹介、つまりスポンサーを務めると申請することができるんですけれども、黒い名札フレーム、通常グレーの名札フレーム、皆さんお持ちだと思うんですけれども、これが黒いのをもらえるということがあります。
今日、お越しいただいたお二人も実はゴールドクラブメンバーなんですけれども、ただのゴールドクラブメンバーではありません。なんと、柚木さんはこれまでに23名のメンバーのスポンサーを務められていて、田上さんは25名ですか。

田上:はい。

大野:このポッドキャストの収録時点で26人目が審査中という強者のお二人です。今日はどうも、ようこそいらっしゃいました、ありがとうございます。

柚木・田上:よろしくお願いします。

大野:お願いします。通常は6名以上が基準なので、ということは2倍で12名ですから、そうするとダブルゴールドといったりしますよね。

柚木・田上:はい。

大野:3倍で18名以上トリプルゴールド、4倍の24名以上だと、これ調べました。クワドラプル。クワドラプルゴールドということになります。ということで、柚木さんはもうトリプルで、クワドラプルにリーチの状態ですよね。

柚木:はい。

大野:田上さんは既にクワドラプルで次の今度は30名以上の、これも調べました。クイントゥープルゴールドに照準を合わしているという、国内はもちろん世界でも指折りの貢献度というお二人です。
そのお二人に今日は、どうしたらそれほどの多くの人のスポンサーを務めることができるのか、その秘訣を伺いたいと思います。ちなみに、柚木さんは何年でトリプルゴールドを達成されましたか。

柚木:私はメンバーになってから3年半ぐらいですね。

大野:そうすると、おおよそですけれども平均で年に6人以上ということですよね。

柚木:そうですね。

大野:はい、素晴らしいですね。田上さんはどれくらいの期間で、このクワドラプルゴールドを達成されたんですか。

田上:はい、丸1年2カ月です。

大野:これはすごい、驚異的な数字ですよね。

田上:ありがとうございます。

大野:たった1年ちょっとで、この25人ですか。すごいですよね。ちなみに、どれくらいの人数のビジターさんに、チャプターミーティングにお越しいただいていらっしゃるんでしょうか。

柚木:私は立ち上げのときは含めないで100人ぐらいだと思います。

大野:なるほど、結構やっぱり多いですよね。

柚木:はい。

大野:田上さんはどうですか。

田上:私も立ち上がってからは、80人くらいお呼びしております。

大野:似たようなやっぱり大勢結構呼んでらっしゃるんですね。

柚木・田上:はい。

大野:このポッドキャストを聞いてくださっているBNIメンバーの皆さんも、お二人に伺ってみたいことがたぶんたくさんあると思うんですけれども、まずチャプターミーティングに来てもらうために、どんなふうにビジター候補の方に声を掛けていらっしゃいますか。

柚木:私はトレーニングで教わるとおりで、「ビジネスをもっと拡大したいですか?」というふうに聞いているんですね。「それだったら、私がやっている経営者会に一度いらっしゃいませんか?」というパターンがほとんどです。ポイントは自分が運営している会であるというところだなと思っていて、自分が会員になっている交流会に来てみませんかと単純に言うのでは、全くニュアンスが違ってくるんじゃないかなというふうに思っています。

大野:確かにそうですね。田上さん、どうですか。

田上:はい、私はビジター候補の方の求めていることをお伺いして、それをかなえたり満たせそうなメンバーについて事前にお話をしています。場合によってはメッセンジャーでいらっしゃる前におつなぎをしています。そうすると、その人に合う目的もできて、チャプターミーティングにも自然にお誘いもできますし、ビジターさんのドタキャンなどもなくなります。

大野:確かにそうでしょうね。

田上:はい。さらには具体的にリファーラルやビジネスにつながるイメージがしやすくなるので、メンバーとしての加入も考えてもらいやすくなります。

大野:なるほど、そういうプロセスがもう出来上がっているわけですね。

田上:はい。

大野:あと、最近で構わないんですけれども、大体お連れしたビジターさんの何割ぐらいが、メンバーシップの申込書を提出してくださっている感じでしょうか。

田上:大体私の場合ですと、3割くらいですね。

柚木:私も3割弱ですね。

大野:やっぱり結構高いですよね。チャプターの加入率、先ほど確認しましたけど、ジャンヌチャプターで7.8%、SRチャプターで6.8%です。全国平均も7.6%ですから、お二人の3割前後というのはかなり高い数字ですよね。この申込書を出してもらう率を高くする秘訣というのは何でしょうか。

柚木:私の場合には、お連れする前に本当に入ってほしい方をご招待したいので、自分がBNIでどれだけビジネスを拡大しているかというのを丁寧に時間をかけてお伝えさせていただいています。そうすると、自然と自ら来たいと言ってくださいますね。なので、申込書提出率はもちろんなんですけれども、審査に通って入会していただけるという可能性も高いです。直近1年で言うと、16人お呼びさせていただいて5人の方にご入会していただいています。

大野:さすがですね。田上さんはどうですか。

田上:はい、先ほどお話ししたように、事前にメリットがありそうな人をつないでおくので、チャプターミーティングにご参加いただいた後に個別1to1をしていただいています。あとはストレートにやるかやらないかをどうしますかと聞いています。

大野:なるほど。

柚木:私もビジターオリエンテーションが終わってすぐに、ビジネスに役立ちそうですかということを聞かせていただいて、返事がポジティブであれば、いつから来れそうですかというふうに聞いています。何か躊躇(ちゅうちょ)があるようであれば、参加するに当たって何か気になることとか、不安なことはありますかというふうに聞いています。

大野:大事ですよね。

柚木:はい。

大野:他に何かフォローアップで取り組んでいることはありますか。

田上:はい、チャプターとしてはお越しいただいたビジターさんの中からメンバー登録に前向きな方、チャプターとしてぜひ一緒にやりたいと思える方などを対象に、個別のメッセンジャーグループをつくってフォローアップを継続的にしております。

大野:それは結構効果がありそうですよね。そうすると、どのビジターさんをメッセンジャーでフォローアップするかというのを、決める人がいるということですかね。

田上:はい。フォローアップのコーディネーターを置いておりまして、その人が決めております。誰から電話でフォローするか、場合によって誰に会いに行ってもらいたいか、あとはいつ申込書が出るのか、会費の振り込みがいつになるかなども、そのメッセンジャーグループで管理できるようになっております。

大野:なるほど、素晴らしいチーム体制になっていますね。ゴールドクラブメンバーとして、ビジネスでお二人のプラスになったことみたいのはありますか。

柚木:はい、私はトレーニングに参加すると、このトレーナーの方にゴールドクラブメンバーということで、皆さんの前でご紹介いただいたり、受講者の方々もゴールドクラブメンバーのピンバッジを見て、1to1をやってほしいと言われることが多くなりました。結果として、他のチャプターのメンバーさんからのリファーラルも増えました。

大野:いいですね。

柚木:はい。

大野:田上さんはどうですか。

田上:私も実は他チャプターのメンバーの方々からのリファーラルや売り上げも増えて、最近では全体の半分近くを占めるようになっております。また生命保険というカテゴリーなので、当初は全くそういったものは期待していなかったんですけれども、保険のご契約はもちろん、講演会の依頼や講演DVDの発売など、面白い方向にビジネスが伸びております。

大野:すごいですね。具体的には、そうするとBNIに入って売り上げはどのぐらい増えた感じでしょうか。

柚木:BNIに入ったころは、年商で300万円も実際いってなかったんですけれども、5年たった今では1億を超えました。

大野:素晴らしいですね。30倍以上ということですかね。

柚木:30倍以上です。

大野:すごい。田上さんは、どうでしょうか。

田上:私も1年目で収入が4倍になりまして、2年目今年は9倍ぐらいになりそうです。

大野:おっ、素晴らしいですね。

田上:はい。

大野:今日はお二人のお話を聞くことができて、他のチャプターのメンバーの皆さんもすごく参考になったと思うので、ぜひ1つでも2つでも構わないので、ぜひそれを取り入れてメンバーレベルで、チャプターレベルでやってみていただきたいというふうに思います。お二人からは何かメッセージはありますか。

柚木:はい。みんなでゴールドクラブメンバー目指しましょう。

田上:おー。

大野:イェーイ。ありがとうございました。

柚木・田上:ありがとうございます。

安:皆さま、ありがとうございました。メンバーお二方の視野はとても素晴らしいものでしたね。今回もBNIジャパンナショナルディレクターの大野代表と、私BNIメンバーの安紗弥香でお送りいたしました。このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたしました。それでは次回もオフィシャルBNIポッドキャストでお会いしましょう。See you next week.

第118回 ゴールドクラブメンバーになろう!” への2件のフィードバック

  1. もっとビジター目線で繋げて行ける様に招待をして行けたらと思います。

  2. 柚木さん 田上さん 素晴らしいです
    お声かけの参考にさせていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です