第7回「感謝からのビジョン」

大野:皆さん、こんにちは。オフィシャルBNIポッドキャスト、今週は第7回「感謝からのビジョン」というタイトルでお送りしてまいります。
実は昨日、福岡での2016年ナショナルカンファレンスが無事に幕を閉じて、先ほど東京に戻ってまいりました。ということで、今週は私、大野が1人でこのポッドキャストをお届けしています。いつも相手役を務めてくださっている安さんファンの方もたくさんいらっしゃると思いますけれども、今週はお許しください。
 今回のカンファレンスは、BNIジャパンのちょうど10周年ということもあり、一つの節目になったように思います。おかげさまで、チャプターの数は235、メンバー数も7500を超えた規模になりました。イエ~イ。(拍手)
その中には、10年間続けてメンバーやディレクター、コンサルタントとして関わってくださっている方々も、実は少なくありません。10年前に私がイギリスから日本に帰国した際には、当然ですけれども1つもチャプターはありませんでした。当然メンバーさんも1人もいなかったのです。
そんな中で、日本で一番最初にスタートした吉祥寺のJ-ONEチャプターの創立メンバーの皆さんや、まだチャプターやメンバー数の少ない中で都内のチャプターを立ち上げてくださった現メンバーの皆さんと元メンバーの皆さんのギバーズゲインの実践なくして、今のBNIジャパンはなかったと思います。心より感謝申し上げます。ここまでの規模に成長したのは、実はほかにも多くの人の苦労や痛みがあったからだと思っています。
今現在BNIに関わってくださる方はもちろんですけれども、かつて関わってくださっていたものの、何らかの事情で今は離れている方たちの大きな支えがあったからこそ、今BNIジャパンに関わっている私たち、全ての人がその恩恵を得られています。ありがとうございます。
ほかにも私たちの大切な家族、社員、取引先、それから提携先や地域の人たち、同じ志を持った人たち、本当に多くの人たちに支えられています。毎日感謝しても感謝し尽くせないほどだと思います。
ところで、BNIのビジョンを皆さんはご存じでしょうか。「Changing The Way The World Does Business」「世界のビジネスのやり方を変える」というものです。この世界という単語を日本というものに置き換えれば「日本のビジネスのやり方を変える」になります。何か大きな話でピンとこない方も少なくないかもしれませんけれども、もう少し具体的なイメージしやすくするために、こんなふうに考えてみてはどうでしょうか。「どうしたら、日本のビジネスのやり方を変えるといえるほどの影響力を、組織として持てるようになるか」というふうに考えてみるわけです。
私は個人的にこんなふうに思います。BNIのメンバーが、日本中の起業家や経営者の模範となって、彼らから憧れられるような存在になる。こんなふうに言ってもらえるかもしれません。「BNIに入っていらっしゃるのですか。審査があって、入るのは難しいんですよね。すごいですねー」。ビジターとしてチャプターを訪問してくださった人たちも、こんな人たちと時間を共有できたら自分もきっと成功できるに違いない、そんなふうに思ってもらえるような経営者や起業家を私たちBNIメンバーの一人ひとりが目指す。
そのためにはGOODで満足するのではなくて、GREATを目指す。生涯学習、英語ではLifelong Learningと言いますけれども、この生涯学習を通じて、常に事業の発展と社会へのより大きな貢献を目指すという解釈もできるのではないでしょうか。このポッドキャストをお聞きくださっているメンバーの皆さんの会社はいかがでしょうか。どんなビジョンをお持ちでしょうか。
次回はこのビジョンに関わるミッション、そしてコアバリューのお話をしたいと思っています。では、また来週、オフィシャルBNIポッドキャストでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です