第43回 世界を変える目標設定術(2)

前回は、

  • 目標を立てるということの意味
  • 目標を達成できない理由
  • 本当に自分が望む目標を立てるための作業
  • 自分のコア・バリュー

043

今回は、正しい目標設定について。

自分が本当に望む目標を設定するにはどうしたら良いのか。

 

まず、あなたの人生の3つの領域を決める。

例えば、ブレア・シンガーが紹介していたのは、

  1. 個人/家族
  2. ビジネス/仕事
  3. 自己成長

まず最初のステップは、それぞれの領域について、3〜5つの目標を設定。目標の期限は、6〜9ヶ月を推奨。目標というと詳しい方はSMARTゴールという手法を思い浮かべるかたも少なくないが、この時点では自分が本当に望む目標を導き出すことが目的なので、具体的でなくても、測定可能でなくても構いません。

 

例えば、私の1番の『個人/家族』の領域での目標の一つは、『睡眠時間を充分にとる』というのがあります。安さんはどうですか?

はい、私は、『感謝を伝える』ということを目標にしています。

 

2番目の、『ビジネス/仕事』の領域では、私は、『パフォーマンスの高いチームを作る』です。安さんは?

『メールのレスポンスを早くする』です。

 

3つ目の『自己成長』では、私は『英語のプレゼンスキルを高める』です。どうですか?

『経営に関する数字に強くなる』です。

 

素晴らしいですね!

 

この3つの領域それぞれに5つずつ目標を書き出す作業が終わると、全部で15個の目標になります。

ここでブレアが推奨しているのは、毎週、できれば同じ曜日の同じ時間に、この15個の目標を、再度書き出す。同じものをもう一度書く。これを毎週です。そうすることで達成できる可能性が格段に上がるそうです。

 

次に、それぞれの領域において5つの目標から、1つだけ最もあなたが達成したい目標を選んで丸で囲んでください。

そうすると各領域から1つずつ、全部で3つの目標に絞り込まれます。

 

そして更に、その絞り込んだ3つの目標の中から、最も達成したい目標を1つ選びます。

この最後に選んだ目標こそがあなたにとって最もフォーカスするべき目標です。

この最後に残った目標を、Most Definite Purpose (MDP) と言います。最重要目標という意味ですね。

このMDPに常にフォーカスをして、それを達成することに全力を注ぐ。そうすると、他の目標も不思議と達成されていきます。

 

この今お伝えした手順を、3〜4ヶ月ごとに繰り返してください。つまり、新たに15個の目標を書き出して、3つに絞り込んで1つのMDPを導き出す。前回と重複するものも出てくると思いますが、それは構いません。

 

もう一つブレアが強く推奨していた大切なことがあります。それはコーチをつけることです。そうすることでアカウンタビリティを保つことがよりしやすくなります。

前回、触れましたが、「環境は意思よりも強い」ので、コーチをつけることでサボったり、挫折したりしてしまうリスクを大幅に減らすことができます。私も、すぐサボってしまうので、コーチについてもらっています。

 

最後のメッセージ:

まだ目標設定をしていない人はもちろん、すでに終えている人も、今一度前回・今回でご紹介した手順を追ってみてください。そうすれば世界を変えることも簡単かも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です